純損失の繰越控除

今日は、純損失の金額で繰越損失がある場合の確定申告書への記入方法について書いていこうと思います。
(クライアントの方から、ご質問いただいたことのご紹介です)

どんなことかというと、個人事業者で前年の事業所得が赤字であり、それを今年の黒字と相殺したいのだが、確定申告書の第一表の記述方法が良くわからないというものです。

結論から書くと、以下のようになります。

申告書B第一表「所得金額」の「合計」9欄に、各種所得の金額の合計額から繰越損失額を差し引き、その後の黒字の金額を記入し、「その他」の「本年分で差し引く繰越損失額」48欄に差し引いた繰越損失額を記入する。

ただし、18年の各種所得の金額の合計額から17年以前の繰越損失額を控除しても、まだ赤字が残る場合には、「申告書第四表(損失申告用)」を使って申告することになり、この場合は、上記の9欄、48欄への記入の必要はないことになります(空白のままにする)

結構、実際申告書を書こうとすると、どうすれば良いか悩むことが多いですよね!

人気blogランキングへ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

google広告

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:80 最後に更新した日:2011/01/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

石川浩之税理士事務所 新規法人設立をお考えの方。 弊事務所までご一報ください。