雇用保険の損金算入時期

今日は、雇用保険の損金算入時期というテーマで書いてみます。

雇用保険は、4月から3月の1年分(概算額)を5月に支払って、その翌年5月に概算と実績額の差額を精算するというサイクルで納付していきますが、税務上損金処理できるのはいつのタイミングなのか?
という話です。

結論から書くと、会社負担分のみ概算で支払った時に損金算入OKみたいですね。
(従業員負担分はだめ)

【法人税法の通達】

(労働保険料の損金算入の時期等)

9−3−3 法人が、労働保険の保険料の徴収等に関する法律第15条《概算保険料の納付》の規定によって納付する概算保険料の額又は同法第19条《確定保険料》の規定によって納付し、又は充当若しくは還付を受ける確定保険料に係る過不足額の損金算入の時期等については、次による。(昭55年直法2−15「十三」により追加)

(1) 概算保険料 概算保険料の額のうち、被保険者が負担すべき部分の金額は立替金等とし、その他の部分の金額は当該概算保険料に係る同法第15条第1項に規定する申告書を提出した日(同条第3項に規定する決定に係る金額については、その決定のあった日)又はこれを納付した日の属する事業年度の損金の額に算入する。

(2) 確定保険料に係る不足額 概算保険料の額が確定保険料の額に満たない場合のその不足額のうち当該法人が負担すべき部分の金額は、同法第19条第1項に規定する申告書を提出した日(同条第4項に規定する決定に係る金額については、その決定のあった日)又はこれを納付した日の属する事業年度の損金の額に算入する。ただし、当該事業年度終了の日以前に終了した同法第2条第4項《定義》に規定する保険年度に係る確定保険料について生じた不足額のうち当該法人が負担すべき部分の金額については、当該申告書の提出前であっても、これを未払金に計上することができるものとする。

(3) 確定保険料に係る超過額 概算保険料の額が確定保険料の額を超える場合のその超える部分の金額のうち当該法人が負担した概算保険料の額に係る部分の金額については、同法第19条第1項に規定する申告書を提出した日(同条第4項に規定する決定に係る金額については、その決定のあった日)の属する事業年度の益金の額に算入する。

ただ、実務上、概算で払った時に払った額を全額「法定福利費/預金」のように処理し、社員負担分を給与から差し引いた時に「給与/預金・法定福利費」という感じで処理している所が多いですよね。

これは、×ということです。

なので、概算で払った時は「法定福利費・立替金/預金」で処理して、社員負担分を給与から差し引いた時に立替金を崩していくように経理処理しましょう。

 JUGEMテーマ:ビジネス

この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

google広告

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:80 最後に更新した日:2011/01/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

石川浩之税理士事務所 新規法人設立をお考えの方。 弊事務所までご一報ください。