経営について

 こんばんわ。

今年ももうすぐ終わりですね。今年もあっという間に一年が過ぎてしまったような気がします。

今日は、風呂に入りながら、仕事のことなどぶつぶつ考えていました。

私は、税理士をしていますが、税理士の役割としての「経営参謀」機能はどうあるべきかについて、常に考えています。

なぜかふと「師」が重要だなと思ったので、忘れないように書き留めておきます!

(数年前までの考え方)
経営はロジカルに考えることが重要である。例えば、swotだとか5forcesだとかロジカルに考える為のフレームワークを駆使して考えることが必要なのである。そうすることにより、正しい仮説や行動計画にたどり着けるのである。
しかし、多くの会社は、勘ピューターのみに頼った経営をしているから失敗するのである。

(ちょっと前までの考え方)
経営は「志」が重要である。多くの社員をひとつの方向に向かせ、一致団結して成功の方向へと突き進むには、この事業を行っている社会的意義であったりその先にある夢であったり人の心を揺り動かす崇高な何かが必要である。
しかし、多くの会社は、金儲けのことばかりにフォーカスしているから、立ち行かなくなっていくのである。

(今日思いついた考え方)
経営には「師」がいることが重要である。
様々な問題や選択を迫られた時、新しいことを創造しなければならない時、そんな時に解決のヒントを与えてくれる「師」が必要である。
成功している会社の社長は、必ず「師」と仰ぐ人がいるような気がする。
何かの決断をしなければならない時、その「師」の考えをお手本にして、正しい結論を導き出しているところもあるのではないかと思うのである。
ここでいう「師」とは、決してテクニカルな分析手法を駆使して、えらそうに経営を語るコンサルタントではないのである。
言葉には表しにくいが、何か神がかり的な力(それこそ、高度な勘ピューターor霊感?!)を持っている存在である機がします。

自分もそのような「師」と仰げるような人を見つけ、また逆に「師」となれるようにがんばろうと思った次第です。

とにかく色んな人に会い、色んな経験をするしかないですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

google広告

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:80 最後に更新した日:2011/01/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

石川浩之税理士事務所 新規法人設立をお考えの方。 弊事務所までご一報ください。