経営計画と財務指標

経営計画と財務指標

経営計画の立て方を財務指標と絡めて見てみましょう。
私もビジネスとして計画を立てるときは、小難しい話もしていきますが、立案の原理はいたって簡単です。
(それを実現するための具体的施策を編み出すのは、とっても難しいです。)

1.なり行きで立ててみる
まず、今期の実績値をベースに、来期以降の計画を立ててみましょう。
どれくらいの利益がでてますか?
キャッシュフローはどのくらいですか?

2.財務指標をチェックをする
なり行き数値で建てた計画で、会社は存続していけるでしょうか?
財務指標を使ってチェックしてみましょう!

ア)キャッシュフローチェック
一番重要なのはキャッシュフローです。

 税引き後利益+減価償却費>借入金・社債の元本返済(約定返済)額

が上回っているでしょうか?上回っていれば、その分キャッシュが会社にたまっていきます!いい調子ですね。
逆に、上回っていないのであれば、キャッシュが減っていく計画になっています。
そんなんで大丈夫ですか?

イ)労働分配率
 人件費/売上総利益(粗利益)>30-50%(業界平均を使う)

これは、儲けをちゃんと従業員に還元できているか?逆に、従業員が支払った給与だけ稼いでいるかをチェックする指標です。
これが、業界平均と大きくかい離している場合には、会社にとって一番重要な経営資源である「人」についてなんらかの問題が生じている可能性があります。

3.必達の計画をたてる

2.の財務指標を用いて、1.の成り行き計画を、必達の計画に修正しましょう。
これは、企業が存続していくために必要なキャッシュや利益から逆算して作ったものになります。

今のご時世、逆算して作った必達の計画は、立案した時点では、実現可能性がとても低い計画になっているかもしれません。
ただ、去年までは、何とかだましだましやっていけば、キャッシュや利益が減っても何とかもちこたえられたかもしれません。
しかし、今年は、アクションを起こさなければもちこたえられないでしょう。

なんとか、必達の数値を達成するための具体的な新サービス、新商品、新事業を考え抜かなければなりません。


人気blogランキングへ

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

google広告

recent comment

recommend

links

profile

書いた記事数:80 最後に更新した日:2011/01/27

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

石川浩之税理士事務所 新規法人設立をお考えの方。 弊事務所までご一報ください。